ブログ

かんたん乾燥対策でインフルエンザを予防しましょう

local_offerそのほか内科疾患

インフルエンザ増えています!!

 一段と寒くなる季節となりましたね。当クリニックにも、インフルエンザや風邪症状でいらっしゃる方が増えています。
エアコンやストーブ、こたつ、床暖房など、あたたかな場を設ける機会も増えているのではないでしょうか?

冬の季節、室内の温度が上がると、おのずと湿度が下がるので、喉も乾燥しやすくなります。乾燥するとウイルスが身体に入りやすくなるため、風邪にかかる可能性も増えてしまいます。

そこで、みなさまに無事冬を乗り切っていただきたく、ご自宅に加湿器がなくても!簡単にご自宅でできる乾燥湿度対策をお伝え出来ればと思います。

・お湯を沸かし、沸かしたポット等のフタを開けておく(火は止める)
コップにお湯を入れ、枕元等に置いておく
・濡れたバスタオルや洗濯物を室内に干しておく

・入浴後の浴室の扉を開けておく

・カーテン等の布製品に霧吹きする

・観葉植物を置く

・洗濯物を室内干しする


これだけでも室内の湿度が上がり、乾燥・風邪対策の一つとなります。

マスクを外して外出する機会も増え、年末年始、人とお会いする機会も増える季節。
手軽に出来る風邪予防を取り入れながら、健やかに冬を越せますように!

そして、もし風邪症状など受診が必要な症状があれば、どうぞご相談くださいね😌

診察はこちらからご予約も可能です!

 

関連記事

夏場の下痢症状について

いまさら聞けない「脂肪肝」とは?

熱中症の基礎知識

健康診断で「肝機能に異常がある」と言われたのですが、どのような生活習慣にすればよいですか?

暑くなってくるとコワ~イ食中毒のお話

keyboard_arrow_up