ブログ

内視鏡検査で使う「麻酔」について説明します!

local_offer内視鏡消化器疾患

胃カメラ大腸カメラなどの内視鏡検査の麻酔医ついて!

 

今回は内視鏡検査で使う「麻酔」について説明します!

 

当院では、楽に内視鏡検査を受けていただくために「麻酔」を使った検査を実施しています。

 

【局所麻酔】

粘膜など局所を麻酔する方法です。

麻酔をかける部位に直接塗る、噴霧するなどで実施します。

胃カメラで使用します。大腸カメラでは通常つかいません。

鼻から検査の場合は鼻から麻酔のゼリーを注入し、口から検査の場合は喉の奥に麻酔のスプレーをします。

内視鏡での痛みや違和感を和らげる効果があります。

局所麻酔のため、眠くなったりはしません。

 

【静脈麻酔】

胃カメラ、大腸カメラで希望があれば使用します。

「全身麻酔」と表現することもありますが、外科手術の時のような強さではなく、鎮静剤を静脈から投与していきます。

鎮痛剤を併用することもあります。

 

効果には個人差がありますが、うとうと〜眠ったような状態で検査をすることが可能です。

お酒に強い方や、睡眠薬、安定剤を常用されている方は、麻酔が効きにくいこともあります。

過去の検査が辛かった方や、不安の強い方、また腹部の手術歴や婦人科系疾患のある方は、静脈麻酔の使用をおすすめすることが多いです。

 

●静脈麻酔(全身麻酔)を使った場合の注意点●

・検査後は1時間ほどお休みいただきます。

・嘔気やふらつき、めまいなどが残る可能性があります。

・当日は自転車も含め、運転はできません。

当院では”楽に”検査を受けていただくことを大切にしております。

どの方法で実施するのがいいのか?静脈麻酔で眠りたいけど不安…など疑問点やご不安があれば、いつでもご相談くださいね😊

 

当院の胃カメラ特設サイトはこちら!

痛くない大腸カメラについてはこちら!

女性医師が担当することも可能です。

 

胃カメラ・大腸カメラなどの検査の予約はこちらから

関連記事

夏場の下痢症状について

暑くなってくるとコワ~イ食中毒のお話

胃がん検診、始まっています!

令和6年度の朝霞市・新座市・志木市胃カメラ検診がはじまりました!

胃カメラはどれくらいのペースで実施をしていけばよいの?

keyboard_arrow_up