ブログ

安心・安全な内視鏡検査をご提供します!!

local_offer内視鏡消化器疾患

「さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック和光市駅前院」院長の小幡です。


先月、第105回日本消化器内視鏡学会総会に参加してきました。
大学病院などに所属する日本の消化器内視鏡医が一堂に会して発表、および討論する最も大きな会です。
私も2017年と2021年に発表の機会を頂き、一般演題ではありましたが緊張したことを今でも覚えています。
様々な発表の中で特に印象に残ったのは、「新型コロナウイルスと内視鏡診療」のセッションです。

大腸カメラ

コロナが5類になりようやく以前のような日常を取り戻しつつありますが、今まで行ってきた感染予防対策の重要性を改めて認識することができました。
コロナ禍の内視鏡診療ではエアロゾル感染を予防するためPPEと呼ばれる個人用防護具(ガウン、マスク、手袋、フェースガードなど)を着用して検査を行ってきました。
今回多施設の発表で、適切なPPEの使用と十分な換気により院内感染を防ぐことが可能であり、またコロナが落ち着いたあとも未知なる感染症に備えて最低限のPPEを備蓄することが必要であると報告がありました。


コロナ禍の経験を生かし、これからも受診される方々が安心・安全に内視鏡検査を受けて頂けるように日々精進していきたいと思います。

当院の胃カメラはこちら

当院の大腸カメラはこちら

検査の予約はこちら(大腸カメラを事前に予約できるようになりました。)

著者

さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック
和光市駅前院

院長 小幡 和彦

資格

日本内科学会認定 総合内科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会認定 内視鏡専門医
日本肝臓学会認定 肝臓専門医
日本ヘリコバクター学会認定 ヘリコバクターピロリ感染症認定医
埼玉県難病指定医

経歴

平成20年日本大学 卒業
平成20年東京医科歯科大学病院
平成22年東京慈恵会医科大学付属病院
令和元年吉祥寺南病院 消化器内科医長
令和2年

医療法人社団おなか会 おなかクリニック
内視鏡センター長

令和5年

さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック和光市駅前院 院長

当院は和光市・朝霞市・志木市を中心に埼玉全域の方に、生活習慣病(高脂血症、糖尿病、高血圧)、消化器内科診察(胃腸科)、肝臓内科診察(脂肪肝)、内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を提供します。

有楽町線・東武東上線・副都心線の和光市駅南口駅徒歩1分の立地になります。
池袋などの豊島区や練馬区・板橋区からもアクセスがよい立地になりますので、広い範囲の方に当院の医療を提供いたします。

当院は和光市・朝霞市・志木市を中心に埼玉全域の方に、生活習慣病(高脂血症、糖尿病、高血圧)、消化器内科診察(胃腸科)、肝臓内科診察(脂肪肝)、内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を提供します。

有楽町線・東武東上線・副都心線の和光市駅南口駅徒歩1分の立地になります。
池袋などの豊島区や練馬区・板橋区からもアクセスがよい立地になりますので、広い範囲の方に当院の医療を提供いたします。

関連記事

暑くなってくるとコワ~イ食中毒のお話

胃がん検診、始まっています!

令和6年度の朝霞市・新座市・志木市胃カメラ検診がはじまりました!

胃カメラはどれくらいのペースで実施をしていけばよいの?

女性患者様への安心サポート・女性医師による内視鏡対応のご案内について👩‍⚕️

keyboard_arrow_up