ブログ

風疹について

local_offerそのほかワクチン内科疾患

皆様こんにちは。
本日のテーマは「風しん」です。

 

◎風しんについて

風しんは、風しんウイルスによる感染症です。

風しんは、発熱や発疹、リンパ節の腫れを特徴とするウイルス性発疹症です。

感染していても症状が出ない不顕性感染から、重篤な合併症に至るまで幅広く、症状だけで診断するのは難しいといわれています。

また、妊娠初期に風しんに感染すると、母親から胎児へ胎盤を介して感染し、先天性風しん症候群を起こすことがあります。

 

 ◎問題点

風疹の予防法には、ワクチン接種があります。

ただ、風疹の定期予防接種の変遷を見ると、受けていない世代の方もいらっしゃることが分かります。

( 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性)

また、妊娠中は、ワクチン接種が出来ません。

もし妊娠20週までの初期段階に風疹ウイルスに感染すると、赤ちゃんが先天性風疹症候群(難聴や心疾患、白内障など)を発症する可能性があります。

 

自分の抗体価を知ることが大事。

抗体によっては、ワクチン接種をすることが流行を防ぐことにもなります。

そして、家族や周りの大切な方のことを守ることにもつながるのです。

 

◎検査の流れ

来院していただき、まず採血をします。

結果が出るまで2週間程度、お時間を頂きます。

結果次第でワクチン接種の相談。

(現在はワクチンの在庫が確保できない状況になっております。)

 

◎注意点

すでに妊娠されている方はワクチン接種は行えません。

またワクチン接種の1か月前、ワクチン接種2か月後は妊娠計画は避けることが必要です。

 

風しんワクチンの定期接種の機会がなかった 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性を対象として、風しんの抗体検査と予防接種を原則無料で実施しています。

お住まいの市区町村から送られたクーポン券を使って、2令和6年度まで、風しん抗体検査と予防接種を原則無料で受けることができます。まだ受けていない方は、ぜひこの機会に抗体検査を受けましょう。

 

現在はワクチンの在庫が確保できない状況になっておりますが、今後のためにも、ご不安な方は抗体検査を受けられてみてはいかがでしょうか?上記対象以外の方は自費で4400円で血液検査ができますので是非お声掛けください。

 

こちらから診察のご予約も承ります!

 

関連記事

さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック和光市駅前院 開院1周年

麻疹(はしか)の抗体検査について

世界的な流行で注意!はしかの話

おなかの漢方治療を取り入れています!

【きらきら栄養士通信】低FODMAPのレシピ⑦

keyboard_arrow_up