ブログ

漢方は飲みにくい・・・どうしたらよい?

local_offer内科疾患消化器疾患

さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック和光市駅前院です。

漢方は臭いや味にも治療効果があるとされていますが、そもそも粉は苦手・・においや味がちょっと・・・という患者さんも多数おられます。

実は粉じゃない漢方薬もあるのです。
錠剤にすると1日18錠と数が多くなってしまうのですが、飲めない方には朗報です。

下の種類のものは錠剤が存在しますので、粉が苦手の方には錠剤の処方を実施しております。
ただ錠剤にすると効果が落ちることを経験しますので、やはり臭いや味は大事なのかもしれません・・・

【錠剤がある漢方薬】

葛根湯エキス錠T

葛根湯加川芎辛夷エキス錠
十味敗毒湯エキス錠
八味地黄丸料エキス錠
大柴胡湯エキス錠
小柴胡湯エキス錠
柴胡桂枝湯エキス錠
柴胡加竜骨牡蛎湯エキス錠
半夏瀉心湯エキス錠
黄連解毒湯エキス錠
半夏厚朴湯エキス錠
五苓散料エキス錠
桂枝加苓朮附湯エキス錠
小青竜湯エキス錠
防已黄耆湯エキス錠
桂枝茯苓丸料エキス錠
白虎加人参湯エキス錠
加味帰脾湯エキス錠
薏苡仁湯エキス錠
桂枝加芍薬湯エキス錠
桃核承気湯エキス錠
防風通聖散エキス錠
四物湯エキス錠

関連記事

胃カメラはどれくらいのペースで実施をしていけばよいの?

風疹について

麻疹(はしか)の抗体検査について

女性患者様への安心サポート・女性医師による内視鏡対応のご案内について👩‍⚕️

おなかの漢方治療を取り入れています!

keyboard_arrow_up