ブログ

脂質異常症の食事について

local_offer栄養士ブログ

皆さんこんにちは😃

暑い日が続いていますね😵

皆さん熱中症にならないように、しっかりと水分補給しましょうね。

 

さて、今回は前回の脂質異常症の病態に関連して、食事療法、脂質の種類についてお話していきたいと思います。

 

【脂質異常症のタイプ別食事療法】

 

・LDLコレステロールが高値の方

肉の脂身や皮、内臓、乳製品、マーガリン等のトランス脂肪酸の多い加工食品を控えましょう

また、野菜、魚、大豆製品等を食事に取り入れましょう。

 

乳製品は、低脂肪の牛乳やヨーグルトに置き換えてみましょう。

 

また、野菜というとサラダなどの生野菜じゃないとだめなの?という質問をいただく事がありますが、火を通した物でも大丈夫です🙆‍♀️

ただ、野菜炒めなど油を使う際は、油の使い過ぎには注意しましょう😊

最近は暑くなってきたので、電子レンジを使った蒸し野菜などもいいですね。

 

・中性脂肪が高値の方

大盛りのご飯や、ラーメンの替え玉、お菓子、ジュース、清涼飲料水、お酒等は控えましょう。

その他にも青魚を食事に取り入れてみましょう。

 

また、ご飯を少なくすると物足りないと思う方は、麦などが入った雑穀米などをプラスしてご飯を炊いてみましょう。

白米に比べ歯応えがあるので、食べ過ぎ予防になります。そのほかにもビタミン、ミネラル、食物繊維が白米に比べアップします。

 

・HDLコレステロールが低値の方

喫煙、肥満や運動不足はHDLコレステロール低値に繋がります。

 

検査数値別に食事の改善点等をご紹介はしましたが、主食・主菜・副菜が揃っていることが大切です。

色々な食材をバランスよく食べるようにしましょう。

 

 

【脂質の種類🧈】

・飽和脂肪酸

肉類の油やバター、パーム油、乳製品等が挙げられます。

摂りすぎるとLDLコレステロールが増加し、心血管疾患のリスクが増大してしまいます。

 

・不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸に分けられます。

まずは一価不飽和脂肪酸について説明していきますね。

 

一価不飽和脂肪酸・・・

オリーブ油・菜種油が代表的な物です。

HDLコレステロールは低下させず、LDLコレステロールを低下させる働きがあります。

しかし多量に摂るのではなく、バターやパーム油、牛脂等の代わりに使ってみましょうね。

 

続いて、多価不飽和脂肪酸についてはn-6系とn-3系に分けられます。

多価不飽和脂肪酸・・・

n-6系

サフラワー油・ひまわり油・コーン油・大豆油等の多くの植物油が該当します。LDLコレステロールを低下させる働きはありますが、摂りすぎると、HDLコレステロールの低下に繋がってしまいます。摂りすぎに注意しましょう。

 

n-3系

えごま油・亜麻仁油、青魚・しそ油に多く含まれるEPA、DHAが該当します。

中性脂肪低下や血管保護作用、抗酸化作用等があります。

 

 

系列の東長崎駅前内科クリニックでは、栄養指導を実施しておりますが、当院では今準備中でございます。

準備ができましたら、ホームページにてお知らせさせていただきます☺️

お一人お一人の状況に合わせてご相談可能です。

また、栄養指導は医師の指示のもと行いますので、まずスタッフや医師にご相談ください。

関連記事

【きらきら栄養士通信】低フォドマップレシピ⑧

【きらきら栄養士通信】低FODMAPのレシピ⑦

【きらきら栄養士通信】低FODMAPのレシピ⑥

【きらきら栄養士通信】今が旬!白菜を使った低フォドマップレシピ

【きらきら栄養士通信】過敏性腸症候群のための低FODMAPのレシピ④

keyboard_arrow_up