ブログ

胃カメラの手順について                                                            

local_offer内視鏡

● 胃カメラ検査とは何ですか?


当クリニックでは、胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を実施しております。この検査は、ファイバースコープという特殊な医療機器を口や鼻から挿入し、咽頭・食道・胃・十二指腸の病気(ポリープ、がん、炎症など)を検出することを目的として行われます。診断だけでなく、適切な治療法を決定するためにも行われます。ご不明な点があれば、池袋駅から5分、西武池袋線東長崎駅から徒歩30秒の当院までお気軽にご相談ください。

【胃カメラ検査の手順を漫画で解説】

● 当院での胃カメラ検査の流れ


①胃カメラ検査の予約
WEBまたは電話で、ご都合に合わせて胃カメラ検査の予約をお取りください。
【胃カメラ検査の予約はこちら】

②胃カメラ検査前日


検査前夜の夕食は21時までに済ませてください。検査が終わるまで絶食が必要ですが、水や薄いお茶の摂取は問題ありません。

③胃カメラ検査当日


午前中に検査を受ける方は、朝食を抜いてください。午後の検査の方は、検査の6時間前まで軽い食事が許可されています。

④ご来院


ご予約の15分前にお越しください。鎮静剤を使用する場合、車・バイク・自転車などの運転はできませんのでご注意ください。

➄胃カメラ検査の準備


胃の中にある泡を取り除くための薬を飲みます。鼻から検査を受ける方は、出血予防薬や局所麻酔、鼻の通りを良くする処置が行われます。

⑥胃カメラ検査本番


胃カメラ検査は約5分程度です。
追加の検査が必要な場合(ピロリ菌の検査、病理の検査)は時間が長くなることが有ります。

➆胃カメラ検査終了後


喉や鼻の麻酔が切れるまで30-40分程度かかります。また全身麻酔を使用した場合は、麻酔の効き次第で少し休憩していただきます。その間、ストレッチャーで患者様を移動させることがあります。

⑧胃カメラ検査後の説明


検査結果について詳しく説明いたします。病理検査が必要な場合は、後日再来院していただいて結果をお伝えします。

⑨検査後の帰宅


胃カメラ検査後の飲食は、検査終了から1時間後から可能です。組織採取が行われた場合は、検査後2日間は飲酒や激しい運動を控えてください。

【胃カメラ検査の予約はこちら】

当クリニックでは、胃カメラ検査を通じて患者様の健康をサポートしております。検査の流れや準備について十分に理解し、安心して検査を受けられるようお手伝いいたします。どんな些細な質問でもお気軽にお問い合わせください。

関連記事

胃がん検診、始まっています!

令和6年度の朝霞市・新座市・志木市胃カメラ検診がはじまりました!

胃カメラはどれくらいのペースで実施をしていけばよいの?

女性患者様への安心サポート・女性医師による内視鏡対応のご案内について👩‍⚕️

健診(健康診断)はお済みですか?

keyboard_arrow_up