ブログ

胃カメラと大腸カメラを同じ日に実施するときの注意点

local_offer内視鏡消化器疾患

胃カメラと大腸カメラを同じ日に行うには

和光市・志木市・朝霞市で、胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日に実施することで、食事制限、下剤、鎮静剤などにメリットがあります。また、一日に同日検査を行うことで、スケジュールの確保が1日で済みます。ご興味がございましたらお気軽にご相談ください。
【和光市・志木市・朝霞市で同日検査の詳細はこちら】

● 大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査(下部消化管内視鏡検査)は、医療器具であるファイバースコープを肛門から挿入し、大腸全体(虫垂、盲腸、上行結腸、下行結腸、横行結腸、S状結腸、直腸、肛門)の状況を調べる検査です。
炎症やポリープ、がんなどの疾患を検出し、適切な治療計画を立てるために実施されます。

● 大腸カメラ検査の特徴

当院では、通常の白色光による観察だけでなく、異なる波長の特殊光を利用した検査も行っています。
さらに、拡大内視鏡、特殊光内視鏡で、大腸全体を詳細に確認することで、病状の緻密な分析が可能となります。
特殊光と拡大観察を組み合わせることで、良性・悪性の判別が困難だった場合でも、鑑別が可能です。
病変(ポリープなど)が見つかった際には、病変の状態(大きさ、位置)に応じて、日帰り手術で除去することもでき、診断と治療を同時に進めることがでます。
さらに、患者様の不快感を最小限に抑えるため、静脈麻酔(全身麻酔)を用いた鎮静剤(希望者のみ)、腸の動きを抑える鎮痙薬なども使用することができます。
【和光市・志木市・朝霞市で大腸カメラ検査】

 

● 胃カメラ検査とは

当院では、胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を行っています。
胃カメラ検査は、ファイバースコープと呼ばれる医療機器を口や鼻から挿入し、咽頭・食道・胃・十二指腸にできる病気(ポリープ、がん、炎症など)を発見するために行われます。
診断だけでなく、適切な治療方法を選択するためにも行われます。ご不明な点がございましたら、和光市・志木市・朝霞市からもアクセスしやすい当院までご相談ください。

【和光市・志木市・朝霞市で漫画で解説 胃カメラ検査】

● 胃カメラ検査の特徴

当院では、和光市・志木市・朝霞市で、一般的な白色光だけでなく、異なる波長を持つ特殊光を活用した胃カメラ検査を実施しています。この特殊光の使用により、疾患の検出率が向上するとされています。
【和光市・志木市・朝霞市で胃カメラ検査】

● 当院の内視鏡検査の特徴

和光市・志木市・朝霞市からもアクセスしやすい当院の内視鏡検査には、以下のような特徴があります。

  1. 胃・大腸カメラの同日検査
  2. 24時間WEB予約対応
  3. 無送気軸保持短縮法・水浸法によって苦痛を抑えた大腸
  4. 大腸ポリープを日帰り手術で切除
  5. 最小限の麻酔だけでなく全身麻酔も可能
  6. オンライン診察を使ったスマート大腸カメラを実施
  7. 午後胃カメラ、夕方胃カメラ
  8. 鼻からの内視鏡検査に対応
  9. ピロリ菌の同時検査
  10. 和光市の胃カメラ健診も実施
  11. 最新の内視鏡システム
  12. お腹の張りを軽減
  13. 高水準内視鏡洗浄機を使用
  14. 鎮静剤なしの検査も対応可能

【和光市・志木市・朝霞市からもアクセスしやすい当院の内視鏡検査の予約はこちら】

 

 

関連記事

令和6年度の朝霞市・新座市・志木市胃カメラ検診がはじまりました!

胃カメラはどれくらいのペースで実施をしていけばよいの?

女性患者様への安心サポート・女性医師による内視鏡対応のご案内について👩‍⚕️

おなかの漢方治療を取り入れています!

【きらきら栄養士通信】低FODMAPのレシピ⑦

keyboard_arrow_up