ブログ

男性型脱毛症(AGA: Androgenetic Alopecia)治療関連の肝障害について

local_offer消化器疾患肝臓超音波検査

AGA薬の肝臓への影響

当クリニックは肝臓内科の施設である関係で、多くの患者様が肝障害を含む様々な肝臓の問題を抱えて訪れます。
特に、近年は男性型脱毛症(AGA: Androgenetic Alopecia)治療関連の肝障害が以前に比べて目立つようになった気がします。

AGA専門のクリニック数の増加と共に、AGA治療薬による肝障害で当院を訪れる患者様が増えているのです。
和光市駅は川越や池袋といった主要駅に近いことも、患者様が多い一因かもしれません。

 

AGA治療薬と肝障害の実態

AGA治療に用いられる一部の薬剤は稀に肝障害(統計によると、AGA治療薬による肝障害の発生率は内服薬では約0.2%)を引き起こすことがあります。
ィナステリドやデュタステリドなどの5αリダクターゼ阻害薬は、テストステロンをDHTに変換することを阻害し、脱毛を遅らせるか改善する効果があります。
0.2%の確立という事を考えると、比較的安全に内服できると考えられます。

AGA治療を受ける患者様が増加しているため、将来的にはより詳細なデータが得られることでしょう。

 

AGA治療薬の肝障害は深刻?

ほとんどのケースでは、内服を中止すれば症状は改善されます。
肝機能の検査値が上昇している場合は、落ち着いて専門医の診察を受けてください。

 

その他の注意点

AGA治療薬による肝障害疑いで受診され別の肝疾患が発見されることもありますので、
肝障害が疑われる場合は、肝臓内科での受診をお勧めします。
腹部超音波検査などを通じて、治療の継続可能かどうかの判断します。

AGA治療は自費診療であるため、治療の継続は患者様の判断に委ねられます。これが保険適用治療との大きな違いです。

女性のAGA治療を行うクリニックも増えており、肝障害への注意が今まで以上に必要です。

AGA治療薬に関連する肝障害での外来予約をご希望の方は、こちらからどうぞ。

腹部の超音波検査(エコー検査)~脂肪肝、肝機能異常、胆石、胆嚢ポリープ、膵臓チェックも~

関連記事

夏場の下痢症状について

いまさら聞けない「脂肪肝」とは?

健康診断で「肝機能に異常がある」と言われたのですが、どのような生活習慣にすればよいですか?

暑くなってくるとコワ~イ食中毒のお話

胃カメラはどれくらいのペースで実施をしていけばよいの?

keyboard_arrow_up