ブログ

熱中症の基礎知識

local_offerそのほか内科疾患

熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節 機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

 

【対策】

熱中症は屋内でも屋外でも発生します。予防対策としては以下のものが挙げられます。

・エアコンの適切な使用

・こまめな水分補給・ミネラル分補給

・日傘の使用や帽子の着用

・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する

・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、適宜からだを冷やす

 

熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さや水分不足に対する 感覚機能やからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。

また、子どもは体温の調節能力が十分に発達していないので、気を配る必要があります。

 

【熱中症を引き起こす3大要素】

・環境…気温や湿度の高さ、風の弱さなど

・からだ…乳幼児、高齢者、極度の疲労、体調不良、暑さに不慣れなど

・行動…水分補給できない状況、長時間の屋外作業、激しい運動など

 

【もし熱中症が疑われる状態になったら】

自力で水が飲めない、意識が朦朧としている場合は、ためらわず周囲に助けを求め、救急車を呼びましょう!

その他に

・衣服をゆるめ、からだを冷やす (特に、首の周り、脇の下、足の付け根など)

・エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難

・水分・塩分、スポーツドリンクなどを補給する

 

などの対応をしてください。

気を付けていてもなってしまう熱中症、しっかり対策して元気に夏を過ごしましょう!

 

関連記事

夏場の下痢症状について

いまさら聞けない「脂肪肝」とは?

健康診断で「肝機能に異常がある」と言われたのですが、どのような生活習慣にすればよいですか?

暑くなってくるとコワ~イ食中毒のお話

1周年記念イベントありがとうございました!

keyboard_arrow_up