ブログ

代謝異常関連脂肪肝(MAFLD)ご存知ですか?

local_offer内科疾患消化器疾患肝臓

さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック和光市駅前院です。

代謝異常関連脂肪肝(Metabolic dysfunction associated fatty liver disease:MAFLD)という言葉を聞いたことが有りますか?

MAFLDとかいて「マフルディ」と読みます。

2020年に提唱された新しい脂肪肝に関する概念です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

肝臓内科の外来をしていますと、脂肪肝の方が多くいらっしゃいます。

その中で肝臓以外の事をメインにお話をしないといけない患者さんがかなりの数にのぼります。

どの様な話かというと

「肝臓の前にコレステロールを下げないといけません」

「血圧の方が治療を優先します」

「糖尿病の治療をと栄養指導が必須です」

などなど生活習慣病をメインに話をするケースが多々あります。

 

そのような方は肝臓としての余裕はまだあるのですが、動脈硬化が進行しているケースが頸動脈エコーなどを実施するとわかります。

 

また各種生活習慣病の治療されている患者さんが肝臓内科で受診をされた際に、採血やフィブロスキャン検査などで若干繊維化があるケースもあります。

 

このように「代謝異常+脂肪肝」の方を代謝異常関連脂肪肝(Metabolic dysfunction associated fatty liver disease:MAFLD)と定義しています。

 

体感ですが決して珍しいものではなく、現在社会においてむしろよく見る状態ではないかと思います。

 

このような方は脂肪肝がない方に比べ様々な合併症が多いと報告されております。

さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック和光市駅前院では、専門的な肝臓診療に加え、内科医による生活習慣病の継続的な治療、管理栄養士による栄養指導が実施可能です。

また発がんリスクも高いことも知られており、胃カメラや大腸カメラでのがんチェックも可能です。

当院で総合的に代謝異常関連脂肪肝(Metabolic dysfunction associated fatty liver disease:MAFLD)の診療ができますので、ご心配のある方は一度相談を。

他院通院中の方で、肝臓だけチェックしたい!!などの方も遠慮なく受診ください。

MAFLDについてはこちら

外来の予約はこちら

肝臓内科はこちら

 

 

著者

理事長さいたま胃腸内視鏡と肝臓のクリニック
和光市駅前院

理事長 吉良文孝

資格および所属

日本内科学会認定 認定内科医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定 内視鏡専門医
日本肝臓学会認定 肝臓専門医
日本消化管学会認定 胃腸科指導医
日本糖尿病学会

日本糖尿病学会

経歴

平成15年東京慈恵会医科大学 卒業
平成15年東京警察病院
平成23年JCHO東京新宿メディカルセンター
平成29年株式会社サイキンソーCMEO
平成30年東長崎駅前内科クリニック開院

当院は和光市・朝霞市・志木市を中心に埼玉全域の方に、生活習慣病(高脂血症、糖尿病、高血圧)、消化器内科診察(胃腸科)、肝臓内科診察(脂肪肝)、内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を提供します。

有楽町線・東武東上線・副都心線の和光市駅南口駅徒歩1分の立地になります。
池袋などの豊島区や練馬区・板橋区からもアクセスがよい立地になりますので、広い範囲の方に当院の医療を提供いたします。

関連記事

夏場の下痢症状について

いまさら聞けない「脂肪肝」とは?

熱中症の基礎知識

健康診断で「肝機能に異常がある」と言われたのですが、どのような生活習慣にすればよいですか?

暑くなってくるとコワ~イ食中毒のお話

keyboard_arrow_up